インカムはレンタルするとコストダウンを叶えられる

インキ

ビジネスの現場に最適

キャノンのトナータイプのプリンターは主にビジネスの現場で使用されています。本体代金が200万円を超えるモデルもありますが、一般的にリース契約が結ばれるので、毎月、数万円程度で利用する事が可能です。なお、保守契約も合わせて結ばれるので万が一のトラブルの際も安心です。

3Dプリンタ

初期設定の準備工程

業務用3dプリンターを使うときでも樹脂の準備は大切です。十分溶けてから印刷できれば問題ないですが、多少の固形物が含まれてしまうことは多いので、のりしろ部分を3Dモデルに用意して印刷するなどの準備が必要になります。

インク

無償回収再利用します

シャープの複合機はトナー交換が楽です。また、使用済トナーはフリーダイヤルに電話をすれば無償で回収に来てくれます。古いトナーを新しいものが入っていた箱に入れておくだけで良いのです。回収したものはリサイクルされますので、無駄にゴミを増やすこともありません。

スタッフ同士のやりとりに

女の人

故障時を考えるなら

広い敷地面積を持つお店の場合に、スタッフ同士が対面でやりとりをするには限界があるでしょう。場合によってはお店の反対側にいるスタッフに、連絡を取る必要もあるため、手間や時間のロスで業務に支障がでてしまいます。それを解決するためには、無線でスタッフ同士がやりとりをできるインカムという機械を導入すると良いでしょう。このインカムは簡単に購入ができるのですが、多くの台数を用意しなければいけないのなら、買ってしまうことはお勧めしません。現在ではレンタルサービスがありますので、そちらで必要な数だけ揃えるほうが、安心して利用ができるでしょう。それは、購入の場合はまとまった額の支払いが必要になりますし、故障時の対応が難しいからです。例えば、一気に数多くのインカムが故障するのならば、買い換えの時期になりますが、現実はバラバラに壊れてしまう状況がほとんどです。そのような状況では、インカムを故障して使い続けるか、新しい機種へと変更するかのタイミングも掴みにくいでしょう。それどころか、故障時に代わりの機種が見つからずに、まだまだ他のインカムが使えるのに、強制的に新機種への変更を迫られるかもしれません。レンタルを活用すれば、そういった故障時も完璧に対応してくれますので、万が一を気にせずにインカムを使い続けられます。そして、新しい機種への変更のタイミングは、レンタル期間が終わった段階と決めおくと迷うことはありません。次のレンタルは新しい契約となりますので、余計なことを考えずにお得にインカムを乗り換えられるでしょう。