インカムはレンタルするとコストダウンを叶えられる

  1. ホーム
  2. 初期設定の準備工程

初期設定の準備工程

3Dプリンタ

樹脂を使えるようにする

業務用3dプリンターを実際に動かして造形を印刷するためには専用のインクとも言える樹脂を十分溶けやすくした状態で印刷する必要があります。樹脂の品質によっては一部が硬化していて溶けにくくなっていたり、変色していたりするためできるだけきれいな部分のみを使用する必要があります。硬化されやすい樹脂、熱で簡単に溶けてくれる樹脂は使いやすいですが、積層される樹脂の熱でも多少溶けてしまう場合があるため、積層回数に合わせ、造形の構造も意識しながら樹脂を選ぶことも大切です。樹脂はただセッティングするだけでは準備不足で、最初の印刷では多少印刷ムラができてしまいます。樹脂が十分に溶け切っていない部分はその場所だけ形がおかしくなるので、印刷を始めるごとにのりしろのような部分を確保する必要があります。コンピュータで3Dモデリングする時にのりしろ部分をどこに用意するか決めてデザインしておくことも大切です。業務用3dプリンターではこののりしろ部分は最小限で済みますが、それでも仕上げは多少手で加工する必要があります。どんなに高性能な業務用3dプリンターでも、樹脂、金属ともにのりしろ部分の確保が大切です。高性能な業務用3dプリンターでは樹脂以外に金属を溶かして印刷することもでき、ものによってはレーザーで削っていくような加工ができることもあります。材料となる樹脂や金属の素材が無駄にならないようにすることも大切なので事前準備で少しでもロスをなくせるようにしましょう。